【哲学】【読書】『哲学入門』著:戸田山和久 ちくま文庫

『哲学入門』著:戸田山和久 ちくま文庫

哲学入門 (ちくま新書)

哲学入門 (ちくま新書)

 

 

 ずーっと仕事ばかりで、精神的にも体力的にもしんどくなってきました。
 読書、学ぶこと、考えること自体が趣味だったはずなのに、できなくなっていた。
 何をしていても仕事に関係する心配事で頭が一杯で、さらに人生の先行きもそろそろ考えなければならないという、妙な感覚がプレッシャーとしてあったのかもしれません。この能天気な私の頭の片隅にも。

 そこで、久々に体を本屋にもっていきました。それで、興味をひかれ手にとったのがこの一冊。

 入門書というと複数の哲学者が提唱した概念をザッと並べ立てているものが多いけれど、それらは全く「哲学」ではなく、「哲学歴史学」(しかも、化石が含まれている)の本でしかない。
 しかし、さくっと目次をなめてみたところ、この本は本来の意味での哲学入門と言ってもよい内容だったのがポイントでした。

 それに、著者の戸田山さんは、確か「科学哲学」の人だったよなー、と、ぼんやりと思い。
 学生時代、自然科学を学んでいたけれども、「科学」という方法論への懐疑から抜け出せなかった物わかりの悪い私は、「科学哲学」の専門書を何冊か読みました。

 そこで、自分が納得できる回答を一応は見つけられたのですが(歳を経て、実感として「なるほどなー」と)、それでもまだまだ得心できない部分もあるため、久々にこの辺りのことを考えたいな、と思ったのも理由です。


著者の試みはおもしろそー

 そういうわけで、ただいまこちらの本を読んでいるところ。

 私は人間が好きで、人間の存在について、とても好意的に見ています。
 人間は、基本的に良い存在で、道徳的で、生きるに値する存在だと思います。
 つまり、「みんな良い人だよねー。だから、幸せになって欲しいよねー。幸せになってくれたら、ちょー嬉しい!」と割と素で思っている、あほです。
 だから、「人を手段としてではなく、目的として扱う」という信念を、複雑で恐ろしいナマの社会の中で未だに諦められず、なんとかしたいと考えているぐらいです。
 そういう理由から、人間存在に直接的に関わる「自由」や「道徳」、「(人生の)意味」という問題によく惹かれます。

 著者は、この本では「モノでできあがっている世界に、存在もどき(概念)をいかにして書き込むか」という問題に挑戦しています。
 私は唯物論と唯心論の中間地点に立っている人間なので(人間の認知機構には限界があるし、かといってモノだけで全て説明することもできないし、そもそも無味乾燥で世界の彩りが無くなるし受けつけられない、みたいな)、モノの世界に立ちながらそれでも抽象的な概念(たとえば、人生の意味とか)を肯定しようとする著者の試みは大変おもしろい。

 結論はどこに着地するのかなー。そもそも結論なんてでるのかなー。

 いや、楽しみです。

休職者多すぎ問題

 

休職者が多すぎ過ぎてやばい。

 

今月に入って、うちの部署内で2人休職者が出ました。

それにプラスして、退職者も1名。

 

ちなみに、希望人員数の約半分の数で現場を回している状況です。

 

外資系って、こんなもん? それとも、うちの会社がやっぱりひどいのか……。

もうコンサルに転職しようかなー。

 

英語圏で生活していた日本人は、どうして言葉がきつくなるのか

ちょっと小話。

英語圏で生活していた日本人は、どうして言葉がきつくなるのか」

 

 私が常々思っていることなのですが、英語圏で生活していた人ってどうして先っちょが尖がった言葉を何のてらいもなくばんばん話すようになるのでしょうか。血だらけになりそうです。

 

 日本にずっと居て英語を学んだ人ではなく、英語圏で実際に生活をしたことのある人たちが対象なのですが、私のような平凡な日本人から言うと、ものの言い方や感情の起伏が随分キツい方が多い。おそらく、私は今職場でナイフの的状態にあるのですが、新卒の人がこれを食らったら、即効で鬱&辞表出す勢いだと思います。部署全体のメールで、個人名名指し+原稿用紙2~3枚でお説教とかも月1回か2回ほどあります。

 

 偏見や言葉の壁に負けないように自分の意見を主張する中で強い言葉を使うようになった、というのはわかります。英語の形式(論理が明確)で考えるようになったから、というのも理解できます。言語は思考の形式に影響するのは実感しているのでわかりますから。

 

 でも、実体験から言うと、私の周囲の英語圏の人たちは、遠まわし、攻撃的でない物言いをしていました。直接的な場面であっても、語調や態度は真摯でした。必ず、私の意見に耳を傾けようとしてくれていました。そこらの平凡な日本人(私)より忍耐強い人も数多くいました(もちろん、私は人の運がよかっただろうは強く思いますが)。

 

 しかし、私の職場ではそれなりに教育を受けている人も多いのに、結構な頻度で投げナイフ大会をしています。だから、余計に思うのです。
 この違いはなんなのか。なぜ、そうなるのか。

 

 私なりに分析してみた結果としては、

 1.まず、自分の意見を主張する際、相手に正確に伝えられるほどの能力がないときには、簡潔かつストレートな言葉と、感情そのものをのせた態度で表すしかない(表情が豊かになるのも、言葉のハンデを補うためだと思っています)。

 2.その結果、ストレートに言うことに抵抗がなくなる。相手を慮るという配慮は不要である、という考え方になり、その態度を無意識に肯定している。相手を攻撃している自覚がなくなる。

という感じかなぁ、と。

 

 家族、親戚一同、誰一人海外なんて行ったことのない、ましてや英語圏の方々とは全くお付き合いのなかった、ど田舎純粋培養ジャパニーズ、それが私です。そんな私ですが、何を思ったか、1年か2年ぐらい、英語圏で生活をしていたことがあります。

 

 その間、現地人の輪に入り込み、ちょっとした仕事もしていましたが、私の言葉や態度はあまり変わりませんでした。黙っているわけではないです。自分が正しいと思ったことは言っていました。言わないと、言葉通りの意味で生き残れないと思いましたから。現地の小学生に石を投げられるアジア人ですものね。されとて、感情的にまくし立てたりすることはできませんでしたし、したくありませんでした。してしまったときは、必ず後で謝っていました。

 

 職場の投げナイフが得意な人よりは、長く滞在し、現地の方たちと交流(仕事、地域サークル)していたはずなのですが、これは本当にどういうことなのでしょうか。ちなみに、英語力は圧倒的に低かったので、上の理屈でいくと、私も投げナイフが得意なはずなのですが。センター試験で英語が90点(200点満点)でしたので、平均は明らかに割ってます。

 

 やっぱり、個人の資質なのでしょうか。しかし、それにしてもこの遭遇率の高さはいかんともしがたいものが。うーん、悩ましいです。

 

 

 

外資系のイメージと実態……新人が思うこと

こんばんは。おうるです。

 

外資系といえば、

・「高給取り」

・「成果主義

・「英語」

・「ミス=即クビ」

・「爽やかイケメン(?)」といった言葉が浮かびがちです。

 

私が転職してからこの2週間、友人、親戚・家族、前職の同僚に散々聞かれました。

特に、年収。「みんなお金が大好き!」は世の真理。この世はゲスゲスしてますね。

 

しかしながら、そういった世間のイメージは本当に真実なんでしょうか。

転職して2週間。まだ新人ペーペーの私の雑感を書いてみたいと思います。

 

  • 外資系のイメージとの齟齬

外資系と一口に言っても、色々あります。業界や会社で全く変わるので、十把一絡げに「外資系はこうだ!」とはとてもじゃないですが、言えません。

では、上記したような外資系のイメージは全てどこからきたのでしょう。

まぁ、華やかな金融系の企業からでしょうね。それも、フロント側から。

バックオフィスはもっと地味だと思います。この辺りは潜り込んだ経験が無いし、知人もいないので詳しくはわからないですけども。一般の日系の会社でも事務と営業ではふるまいが全く違いますが、そんな感じだと認識しています。

 

まぁ、ぶっちゃけ、「どの会社でどのように働くかで違う」 が結論ではありますが、それでは味気ないので、以下、友人・家族親戚・前の職場の同僚から出たいくつかの質問に答えてみようと思います。

 

  • 実態その1「年収」

 Q.年収って高いんでしょう?

 A.私の職種に限って言えば、高くないです。むしろ、安い。

 

 日系の同業他社の水準に比べるとほんの少し高いのは事実です。が、求められる業務レベル・責任範囲と年収が明らかに釣り合っていないことが判明。

年収交渉を渋った転職エージェント、それを押し切れなかった自分を呪いたい。あと、年棒制でボーナスなし手当てなしってことを皆さんお忘れですか?

 

 Q.成果主義ですか?

 A.はい、そうです。

 

営業さんだと売り上げ=インセンティブで年収に直結ですが、私どもエンジニアにはそこまで単純明快なものはございません。

しかしながら、降ってくる大量のタスクをいかに迅速に、一つのミスなく、少ないリソースの中で実行するか。そのタスクが一つでも漏れれば、マジやべー自体に陥るのです。そして、それは請け負った自分の対応責任範疇内ですので、もてる能力とリソース(人脈ももちろん含むよ!)を駆使して、自ら解決しなければならないのです。泣きそうです。

 

  • 実態その3「英語」

 Q.英語使いますか?

 A.会社による。中身はほぼ内資ってところは必要ない。私のところはあった方がいい、その人のために。でも、使えなくても生きていける。

 

うちは社内公用語が英語とかではございません。基本的に日本人がやってますので。ただし、顧客の多くは外国企業ですし、うちの会社内でも、日本以外の支部との連絡はすべて英語です。社内システムも英語、ドキュメントもほとんど英語。英語で電話もかかってきます。メールも半分ぐらいは英語です。

だから、本当は入社前に英語が使える方がいい。でないと、自分が辛くなる。

だけど、別の才能で生きている人もいます。それは、人を掴まえる才能。

英語話せないなら、英語の話せる人と仲良くなって、助けてもらっちゃえばいいじゃん! 英語書けないなら、Googleに翻訳してもらって、わかる人に見てもらえばいいじゃん! 英語で説明できないなら、写真とって、絵を描いて送っちゃえばいいじゃん! そんなシンプルな方法を選んだ人も生きています。

タスク処理できるなら、方法なんてなんでもいいのよ。

 

  • 実態その4「ミス=即クビ」

 Q.ミスしたら即クビ切られるんでしょ?

 A.うちはないです。責任は誰かに押し付けることなく、会社でかぶります。問題はみんなで共有して、次に備えようというカルチャーです。あと、他所でも日本ではそんなこと法的にできないです。日本の労働法は世界でも有数のレベルで労働者に有利らしい(フランス人曰く)。

 

 責任を誰かに押し付けてクビにしたって、同じ問題がまた起こる可能性はなくなりません。それならば、問題をみんなで共有して、肥やしにしましょうという、まぁ、当たり前に建設的な対応しているようです。現に、過去にえらい問題起こした人も、フツーに働いているそうです。ただ、この辺りは外資系らしく、企業間での責任の線引きを明確に行っていたこと、説明責任を果たしたこと、それから、顧客も同じ外資だったということで、ビジネスライクに理解してくれたのかもしれません。

 

  • 実態その5「爽やかイケメン(?)」

Q.爽やかイケメンはいますか?

A.これは断言できる。うちにはいない。技術系だしね。どこの会社とも変わんないと思います。ただし、麗しい美女(仕事が超デキるしとっても良い人な受付嬢さま)はいる。でも、「いとうあさこ」がタイプの私には、あまり響かない。

外資系に転職しました

こんにちは、おうるです。

このたび、外資系企業(技術職)に転職しました。

 

今までの扱いとの差に驚いております。すげー。ゆるゆるやで。なんやこれ。

経費計算とか勤務表記入とか報告書作成とか、時間外にやらなくていいんだ! 定時後、帰社して無駄な会議とかやらなくていいんだ! わんだふる。

 

給料は、技術+ちょっと英語にしては安いです。どんどん責任も重くなるとは思います。

しかし、色々とリソースをかけてもらっているがわかります(ちゃんとした研修なんて初めて参加させていただきました)。

数年耐えれば好きなポジションに動いたり、転職するにしても、今までよりはずっと上位の市場で行えそうな環境です。

 

2年前の計画どおり、キャリアについて順調なステップを踏めていて、なんとなく嬉しい感じ。

 

転職準備とカイヨワ

こんにちは。おうるです。

 転職準備が快調に進んでおります。

 「転職します」と言ってから、およそ1ヶ月が過ぎました。

 役職付きと面談3回。その上飲み屋で慰労。上司には泣かれる。現場はトラブル続きでてんてこまい。でも、プロジェクトで面倒を見てもらっている人には労っていただいて、「育てたかったなぁ」なんてあんまり優しい目で言われるから、泣きそうになりました。仕事なんてやってらんねーぐらい動揺。

 そんなこんなで波乱万丈ですが、なんとか転職に必要な書類一式を収集して参りました。

 まだ足りないものがあるんですが、それは今の会社の経理さんをつつくしかないので、とりあえずメールを送ろう。

 

 あ、あと最近、「遊び」について研究してました。「遊び」の概念自体を生活に取り込めないかなぁ、と思ったので。

 とりあえず、講談社学術文庫から出てるカイヨワの『遊びと人間』を読んだんですけど、一番最初の「遊び」の定義の段階で、「遊び」を日常に還元させることはできやんやんけ、と涙にくれました。「遊び」は日常(俗世界)から完全に切り取られていなければならないっていう……。日常と混じると「堕落」とまで言われてしまうし。

 さて、どうしたもんか。

 

退職届

こんにちは。おうるです。今日は手書き退職届のレシピを公開します。

 

★手書き退職届に必要なもの

・白い角封筒(長形4号:三つ折B5便箋が入るサイズ)※郵便番号欄が無ければ尚良し

・B5の白い便箋(縦書き用) ※ビジネスで使えそうなシンプルなもの

・ボールペン(黒インク)

・ネットで釣り上げた退職届の文章テンプレート

・無になれる空間と時間

・綺麗な机

 

★作り方

1.必要なブツを集めます

 コンビ二では手に入らないブツがあったりしますので、文具店がオススメです。

 ただし、あのオレンジの囲い──郵便番号欄の無い白封筒はかなりのレアアイテムなので、文具店でも無いことが多いようです。私は4件周っても見つけられませんでした。無ければ郵便番号欄付きでいいです。私はそれで提出予定です。

 

2.便箋に書きます

 綺麗な机の上で、テンプレートを横に置いて、無心に書き下します。

 文章は左から(つまり、最後から)書くと右利きの人は手が汚れませんから紙を汚す心配も少なくなりますし、文字を書き間違える率が減ります。

 万年筆や類似するボールペンで記入した人はインクで紙が汚れないよう注意してください。私は押印した後にやってしまい、書き直しました。

 

3.封筒に書きます

 表面の真ん中に「退職届」の3文字、裏面左下に所属と自分の氏名を書きます。

 

4.封筒の中に便箋を入れます

 便箋は三つ折にして入れましょう。便箋の折り方と封筒への入れ方があるようなのですが、そこまで気にしなくてもいいと思います。

 封筒は糊付けしなくてもいいようです。

 

はい、以上で退職届の完成です。

所要時間は人によりけりですが、私は1時間かかりました(書き損じ8枚、汚れで没2枚……)。

あとは懐に忍ばせて、こそっと上司にお渡ししましょう。私はその予定です。

ちなみに、お礼状用の便箋しか売ってなかったので、それに書いたのは内緒です。